相続税の申告前に相談!税理士から学べる相続税の負担軽減テクニック

生前贈与で相続税の軽減効果あり

相続税の申告を税理士に依頼すると申告方法を工夫し節税効果が得られます。さらに申告の前に対策できる節税方法についても、税理士から教えてもらえますね。相続税の負担軽減のテクニックには、生前贈与の方法があります。被相続人が存命中に贈与という形で財産を受け取れば、相続税の申告額を減らせますよ。ただし生前贈与を成立させるには年齢など満たさなければならない条件があるため、生前贈与を実施する前に税理士に確認した方がいいですね。

相続税の負担軽減には不動産投資が有効

被相続人の財産を現金で受け取る事になると、あまり節税効果が得られません。一方で不動産投資による節税の方法があり、税理士は詳しいです。不動産を購入すると、現金での相続に比べて節税できる選択肢が増えます。相続の事由が発生してからでは遅いため、税の申告を税理士に依頼する事になる前に相談が必要です。税理士は相続税だけでなく不動産関連の税にも詳しい知識をため、不動産投資による具体的な節税アドバイスを提供してくれるでしょう。

生命保険による節税を税理士から指南

相続税は、生命保険を活用すると実は税金の負担を軽減する効果が生まれますよ。相続税の申告時には、相続人が生命保険から得る利益についても課税の対象になります。現金でそのまま相続する場合に比べて、生命保険は非課税になる額が大きいのが特徴ですね。生命保険を利用すれば節税効果が得られるでしょう。そこで税理士に生命保険で節約した場合にどの程度の負担軽減ができるのか、計算してもらうと具体的な節税額も分かります。

相続の申告を税理士に依頼する利点として、申告漏れなどのリスクに対処をすることが出来、スムーズに手続きが取れることがあります。