ファンドのランキングは信用できるのかどうか

そもそも儲けているのかどうかが重要

様々なところでファンドのランキングが出ています。これがお勧め出来るファンド、というような形でアピールしていたりするわけですが実際にそれが信用できるのか、というと疑問視せざるを得ないです。そもそも投資に良し悪しがあるとすればそれは儲けたかどうかであり、投資の方向性などが問題になるとしてもやはり、求められるのは結果になります。純粋に儲けた利率のみでランキングをしていればよいのですが、大半はかなり主観でランキングをしているからです。

では参考にならないのか

その場合、参考にはならないのか、といえばそうでもないです。やはり、投資の仕方や手数料、或いはこれからの展望などやや主観的であるとしても参考になる情報としてみることができる可能性は高いでしょう。見るべきであるのかどうか、といえば見たほうがよいです。投資に関しては情報が命であり、いくらあっても問題はないのでしょう。但し、迷う要素となってしまう可能性はありますから、限度は良く理解しておきましょう。すべてを参考にしないことです。

どんなランキング形式であるのか

格付け会社のランキングですら、そこまで信用ができないのに、個人が出しているランキングなんかが役に立つのか、ということは確かにあります。ですが、ランキングの方式によっては情報としてなかなか良い場合もあるのです。具体的にいいますと例えば最低投資額から判断してパフォーマンスなどであればデータが正しいのであれば、それは十分に参考になるでしょう。ファンドによってはそもそも参加する為の条件が厳しくあったりするのです。

ファンドのランキングを上手に活用することで、信頼のおける投資先を見極めることが出来るといわれています。