カードローンの会社比較!消費者金融と銀行は何を基準に選べばよい?

総量規制の対象となるかどうか

消費者金融と銀行のカードローンはサービス内容に共通点も多いですが、 大きな違いとして総量規制の対象となるかどうかということがあります。総量規制と聞くと、なんだか難しそうな感じがしますよね。これは、申込み者の年収の3分の1までが借り入れ可能な金額の上限となるという決まりで、消費者金融はこの規制の対象ですが、銀行のカードローンは対象外です。既に他社である程度の借り入れがある場合は、銀行カードローンの方が比較的利用しやすいということになります。

カードローンの金利を比較

総量規制が問題ない場合は消費者金融も問題なく利用できますので、次の比較軸としては各社の金利で候補を絞り込むのがおすすめです。利息の金額が決まる重要なポイントですので、納得できる金利で利用したいですよね。一般的には金利が低くなるのは銀行カードローンですが、消費者金融には一定期間無利息サービスがつく場合があるのが強みです。無利息サービスの期間は利用開始から30日間が一般的ですので、短期間で返済する計画ならば大幅に利息が安くなる可能性がありますよ。

融資のためのサービスで比較

カードローンは多数の会社が運営しており各社競争状態ですので、それぞれの会社がユーザーの満足度を上げるために利便性の高いサービスを提供しています。たとえば、申し込みから融資までの手続きが素早く完了する即日融資や、自宅にカードや郵送物が一切届かないWeb完結など、魅力的なサービスがたくさんあるのですよ。一般的には、消費者金融や大手メガバンクが運営している銀行カードローンは即日融資が利用しやすく、Web完結型の申込みは消費者金融が得意とするサービスです。

自分に合ったカードローンを選ぶときに何を基準にすれば良いか分からない人は、ネットなどのカードローンの比較サイトを確認するのも良いと思います。